スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20キロのライドなんて・・・・

大した事無いと、一般人な友人との会話で言ったらヘンタイ扱いされた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私的には大変不本意なのですが、どうやら私の認識するヘンタイと友人のヘンタイとはかなり認識の違いがあるようです。

さて、私には人知れず闘っている物がありました膝の痛みです。大体30~40キロ位で痛み出します。上りが入るともっと早いかな?一回出るともうダメです、ゆっくり走っても休憩とって足を休めても痛みは取れず、痛みが取れるまで大体3日位掛かる状態でした。因みにおもいっきり日常生活に支障が出るレヴェルで痛くなります。

シートポジション、クリート位置等々色々調べて調整して来ました。主に右膝が痛くなるんですが、右膝が調子良い時は、左膝が痛くなりまして、まぁどうしようも無い状態でした。

最近はカント角の調整をしていました。

DSC_0393.jpg

こんな感じでインソールの母子球付近に厚みを出して、膝を曲げ伸ばししながら膝が真っ直ぐに上下する高さにしていました。

DSC_0394.jpg

横からはこんな感じです。コレは右のインソールで5mm程厚みを出してます。対して左は2mm程で調整しました。

この状態で走って、膝に違和感や軽い痛みが出る程度に症状が緩和しました。ただ、膝の状態は良い方向に向いてきたのですが、シューズの当りが変わって余計な部分が押し付けられたりして、快適なライドとは行きませんでした。

そこで、また色々調べた結果キューレックスインソールがなにやら良いらしいとの情報をゲットしたので、買って来ました。

DSC_0395.jpg

このキューレックスインソールは3種類アーチの高さが合って、測定器で足型を取りその足型を見てアーチの高さを決めます。プチカスタムインソールですね。※測定している最中の写真は撮り忘れましたので、興味がある方はご自身でお調べ下さい(ぇ

で、コレ使って今日走って来ました。30㌔程走って、国上山上るコースで走って来ました。大体いつもだと上りの途中か上り終わった後に痛みが出るのですが、今日はまったく問題なし!

もう少し距離伸ばして、45㌔突破、何時もなら確実に痛みが出てる距離ですが異常ありません、それどころか膝を新品のパーツに変えた見たいに快調です。

今日は、インソールを換えて試しのつもりで国上山登ったら帰るつもりだったのですが、膝が痛まないのがあまりにも嬉しくて90㌔程走りました。90㌔走ってもなんの問題もありませんでした。


・・・・もう少し様子見は必要かと思いますが、膝の痛みは多分今日で解決しました!!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。